作例ありの1ヶ月目レビュー!『Nikon Zf』に『弱点』はない…

Zf撮影レビュー

当サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

「Nikon Zfで撮影したレビューを知りたい人」

「Zfの弱点が気になる人」

「Zfで撮影した作例が見たい人」

新しいカメラを買うとき弱点って気になるもの。

俺も「Zf」を買うときマジで悩んだ。

特に悩んだのがZfの大きなサイズ。

でも使ってると気にならなくなってくるから不思議だ。

そこで購入から1ヶ月ほど使って感じたことを記事にしていく。

この記事がおすすめな人
  • Zfの撮影レビューが知りたい人
  • Zfの弱点との付き合い方が気になる人
  • 撮影した作例が見たい人

この記事を読むと、Zfの弱点を過度に気にしなくていいと分かる。

Zfの弱点とは共存できる!

Nikon(ニコン)

∟【Amazon】Nikon(ニコン) Z f

∟【楽天×ニコンダイレクト】Nikon(ニコン) Z f

∟【Yahoo!ショッピング】Nikon(ニコン) Z f

Zfはニコンのフルサイズカメラの中でも高い性能をほこる

冬がすぎて絶好の撮影シーズン到来!

気温の上昇と一緒に物欲もグングン上昇する。

Zfが欲しいんだけどぶっちゃけどう?

結論、Zfにシンパシーを感じてるなら買っちゃって良い。

感覚に訴えかけてくるカメラだと思う。

カメラ選びも最後はフィーリング。

Zf開封レビュー

Zfって見た目から入っても正解だと感じる。

というのも、格好だけで中身スカスカじゃないから。

高スペックだからルックスと相まって長く愛用できる!

Zfを使って面白いと感じるのが“独特の所有感”だ。

物としての雰囲気が強い。

写真機で撮影するって感じだ。

Zf開封レビュー

雰囲気強めのカメラだから我慢が必要なところも。

でも使っみると思ったより簡単に慣れると気付くはず。

どこか不便を楽しむことも醍醐味に感じる。

そこで実際に撮影して気付いた弱点を紹介していく。

とはいってもZfの弱点とは共存できるぞ。

弱点さえも愛せてしまうカメラ!Nikon Zfレビュー

人気爆発中の「Nikon Zf」。

Zfを使ってみて万人ウケするカメラではないと感じる。

弱点が気になるからやめた方がいい?

結論、Zfの弱点は使ってるうちにマジで慣れくる。

使い込んでいくうちに慣れるというか馴染んでくる。

俺は5日間ほどで感覚が馴染んだ。

Zfの購入を検討してる人が悩みそうなのが次の4つ。

  • 大きくて重いボディ
  • 見るからに浅いグリップ
  • マルチコントローラーがついてない
  • カスタムボタンが少ない

それぞれについて詳しく解説する。

サイズ感は大きいけどスッと生活に溶け込む

購入前はためらったサイズ感は意外とすぐに慣れた。

なんと今じゃ持ち出しが苦じゃない!

Zfって大きなズームレンズが似合わないと思う。

結果、単焦点レンズがメインになるから重くなり過ぎない。

「愛着が湧きそうだなー」って思ったけど想像以上。

Zfでスナップ撮影

“生活に溶け込むデザイン”で違和感がない。

カメラぶら下げるのが恥ずかしい人でも大丈夫かも。

Zfはデジタル用品って感じがしない。

最近では、Zfがないと手持ち無沙汰に…。

グリップ感の薄さはアクセサリーでなんとでもなる

Zfのグリップ感の無さはなかなかのもの。

グリップを握るというより“つまむ”ような格好になる。

「NIKKOR Z 40mm F2」などの軽い単焦点レンズでも油断禁物。

でもこれはストラップで十分に解消できる問題だった。

ネックストラップを手首に巻き付けて使うと安心。

手を離しても落とす心配がない。

手首とカメラを固定する勢いで使うのがおすすめ。

長さに余裕がある「リストカフ」は向かないと感じる。

エクステンショングリップは最後の手段かな。

マルチコントローラーは甘え?無いなら無いで問題ない

Zfにはマルチコントローラー搭載されない。

購入前にめちゃくちゃネックに感じてた。

でもいざ使ってみると全く不自由していない。

次の3つが主な理由だ。

  • 被写体検出AFが強力
  • マルチセレクターやタッチFnでOK
  • MFが使いやすい

マルチコントローラーは便利だけど無くても平気。

Zfの世界観を演出するにはカスタムボタンが少ない方が良い

Zfのカスタムボタンは多くない。

「Fnボタン」として存在するのはフロントボタン1個。

これに関しては我慢するしかない。

ボタンが増えるとZfの持つ “らしさ”が薄れると思う。

正直なところ、ここも慣れていくポイントではある。

ちなみにフロントボタンには「ピント拡大」がおすすめ。

MFでの撮影が捗る。(背面にピント拡大ボタンあるけど…)

カスタムボタンの少なさは、クラシック感の演出と割り切ろう!

【作例あり】Nikon Zfはスナップ撮影がハマる

Zf開封レビュー

カメラって高額な買い物だ。

できることなら1台で色々な撮影を楽しみたいもの。

Zfってどんな写真が撮れる?

結論、カメラのスペック的には撮れない写真はないと思う。

フラッグシップ「Z9」と同じ画像処理エンジンを搭載。

AFの精度・速度ともに十分すぎる性能をほこる。

以前も紹介したけど、Zfのシャッターフィーリングは最高。

撮りたいと思った瞬間にシャッターが切れる。

人によっては半押しのAFがしづらく感じるほど。

アクセサリー装着で更にレスポンスが上がる。

モノクロの物理ダイヤルで瞬時に切り替えができる。

使ってみるとこの操作性がクセになる。

またモノクロの種類も3種類が用意される。

  • モノクローム
  • フラットモノクローム
  • ディープトーンモノクローム

また、それぞれのモノクロにしっかりと特徴がある。

個人的にはフラットモノクロームが好みだ。

気付いたら写真がモノクロばかりに…。

Zfにはディープラーニング技術の被写体検出AFが搭載される。

これ、MFでもしっかり被写体を検出してくれる。

何がすごいってMFのピント合わせが爆速でできる。

あとはピント調整をしてシャッターを切るだけだ。

フォーカス枠が白から緑に変わって合掌点を教えてくれる機能も。

マニュアルレンズがとても実用的になる機能だ。

8段分の手ブレ補正が強力すぎ。

シャッタースピードを下げてISO感度を低くできる。

強力な手ブレ補正のおかげで撮影の幅が広がる。

正直、手ブレ補正は重視してなかった。

日中の屋外で撮影することが多く、望遠やマクロを多用しないし。

でもやっぱりあるとめちゃくちゃ便利だ。

フォーカスポイントVRの効きはよく分からん。

Nikon(ニコン)

∟【Amazon】Nikon(ニコン) Z f

∟【楽天×ニコンダイレクト】Nikon(ニコン) Z f

∟【Yahoo!ショッピング】Nikon(ニコン) Z f

カメラ1台だけで満足したい人にZfは「うってつけ」だ

今回はZfを撮影に使って感じたことを紹介した。

超便利なカメラじゃないけど不思議と使いたくなる。

なぜそう思うの?

結論、「カメラって楽しい」ってシンプルに感じられるから。

可愛い見た目とモンスタースペックのギャップも最高。

基本的にZfで撮影できないものはない。

ずっしり…。

また、Zfは弱点が分かりやすいカメラだと思う。

俺もポチる前にZfの弱点を他のカメラと天秤にかけてたし。

  • 大きくて重いボディ
  • 見るからに浅いグリップ
  • マルチコントローラーがついてない
  • カスタムボタンが少ない

こういったZfの弱点ってなれる、というか馴染んでくる。

Zfでシャッターを切ってると不思議と気にならなくなる。

詳しくは本記事内を見てほしい。

俺は日常スナップにZfを使うことが多い。

特にシャッターレスポンスが良さを気に入っている。

モノクロ撮影に瞬時にチェンジできるのも想像以上に楽しい。

ZfはMF用カメラとしてめちゃくちゃ優秀。

被写体検出をONにしておけばMFでも瞳を追いかける。

マジでMF撮影が捗るぞ!

ぜひ一度「Zf」を手に魅力を体験してみてほしい。

見て楽しめ撮って楽しめる最高のカメラなのは間違いない

おしまい。

Nikon(ニコン)

∟【Amazon】Nikon(ニコン) Z f

∟【楽天×ニコンダイレクト】Nikon(ニコン) Z f

∟【Yahoo!ショッピング】Nikon(ニコン) Z f

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA