【ニコンの価格ミス?】NIKKOR Z 40mm f/2の作例とレビュー

NIKKOR Z 40mm f:2

当サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

「NIKKOR Z 40mm f/2のレビューが気になる」

「どんな写真が撮れるのか作例が見たい」

「SE(スペシャルエディション)は何が違う?」

単焦点レンズを1本だけ買うならどの焦点距離が良いだろう?

鉄板の50mmや準広角35mmあたりかな?

でも「NIKKOR Z 40mm f/2」を使って40mmこそ万能と感じる。

レンズ1本で旅に出るなら迷わず本レンズを持ち出すだろう。

魅力がもりもりのモンスター級の高コスパレンズ。

マジで良いレンズだから作例を交えてレビューしていく。

この記事がおすすめな人
  • NIKKOR Z 40mm f/2を買うか悩んでいる人
  • 1本で完結できるレンズを探してるニコンユーザー
  • NIKKOR Z 40mm f/2の作例を見てみたい人

この記事を読むと、NIKKOR Z 40mm f/2の魅力が分かる。

「実質無料」とは本レンズのためにある言葉だ。

∟【Amazon】ニコン NIKKOR Z 40mm f/2 SE

∟【楽天市場】ニコン NIKKOR Z 40mm f/2 SE

∟【Yahoo!ショッピング】ニコン NIKKOR Z 40mm f/2 SE

NIKKOR Z 40mm f/2が万能すぎて「これ1本でいいや」状態に

Nikon Zfはレンズキットで「NIKKOR Z 40mm f/2」が選べる。

初ニコンだったからコレを買ったけど万能感がスゴい。

キットレンズってしょぼい印象があるけど?

結論、侮れないレンズでコレ1本で完結できる魅力も。

デメリットが異様に少なくてメリットばかりに目がいく。

NIKKOR Z 40mm f/2は長く愛用できるレンズだろう。

スナップ撮影にはネックストラップ

今まで焦点距離40mmのレンズは手にしなかった。

“50mmより広く、35mmより狭い”ビミョーな画角。

「中途半端かな?」と使い始めたけど期待は裏切られた!

使って感じたのが「どこも強調されない」って良さ。

50mmのような圧縮感や、35mmのような歪みが少ない。

とても素直に見たままの雰囲気が切り取れる。

日常を切り取るなら撮れないものってほぼ無い。

例えば次のような撮影シーンにもおすすめ。

だいたい30cmくらいまで寄れる。

しかもこのレンズは結構寄れる。

レンズ前29cmまで寄れるからテーブルフォトにも。

料理とかもイイ感じに撮影できる。

一緒に使ってる「Z f」に関しては別記事を見てほしい。

NIKKOR Z 40mm f/2は写りが柔らかくてポートレートにも最適

万能感に溢れるNIKKOR Z 40mm f/2。

「何でも撮りまっせ」ってレンズに言われてるよう。

ポートレート撮影でも使える?

結論、階調が滑らかで柔らかいからポートレート撮影にもいい

F2スタートでふんわりした雰囲気のポートレート撮影に◎

ニコンの“S-Line”みたいに写りすぎない。

Z f , NIKKOR Z 40mm f/2 , F2 , 1/4000 , ISO160

人物は掲載できないからタヌキで。

背景も入れつつ人物を撮りたい人におすすめ。

軽くコンパクトなのにクリアな描写で驚かされる。

背景のボケもふんわりしてるからエモい感じに。

9枚羽だからボケ味がキレイ。

防塵・防滴だから撮影での精神的なハードルが下がる。

小型軽量なレンズだけど各部に「シーリング」が設けられる。

ポツポツ降る雨くらいなら余裕。

ただし完全防水ではない点に注意したい。

また、本レンズにはフードの設定がない。

でも逆光に強くゴーストやフレアが気にならない。

これならレンズフード無しで運用できる。

気軽に持ち出せるサイズ感でスナップにも最適。

【作例あり】NIKKOR Z 40mm f/2レビュー!むしろ弱点を紹介したい

NIKKOR Z 40mm f/2は完璧なレンズじゃない。

万能とはいえ単焦点レンズだし。

けっこうヤバい弱点?

結論、NIKKOR Z 40mm f/2にも弱点はあるけど些細なこと。

「ここは致命的!」ってポイントは見つからない。

“短所を裏返すと長所”みたいなところに落ち着く。

コントロールリングはゴム製。

まず外観から見ていくと、少しチープ感があるのは否めない。

樹脂パーツが多く使われるからだろう。

これに関してはSE(ストリートエディション)の方が高見えする。

プラスチックマウントなのが気になるかも。

でも実際のところ、本レンズは3万円台とマジで安い。

プラスチックが多用されることで軽いわけで。

俺はスナップ撮影に使いたいから軽いのは嬉しい。

また、高精細に撮れます!ってレンズじゃない。

開放付近を使うと「甘い」と感じるだろう。

開放から高精細な写りを求める人は向かない。

でも個人的にはこの甘めな写りを気に入っている。

動物や花などを撮影するとふんわりした雰囲気になる。

エモい系の写真が好きな人には刺さるだろう。

とは言え、絞って使えばカリッとした写りにも。

F2.8くらいまで絞ると解像感がハッキリする。

写真の印象を操作しやすいレンズだ。

また、解放で撮影すると派手に周辺減光することが。

明るい屋外などで撮影するなら注意したい。

最低でもF4まで絞り込んで使用したい。

∟【Amazon】ニコン NIKKOR Z 40mm f/2 SE

∟【楽天市場】ニコン NIKKOR Z 40mm f/2 SE

∟【Yahoo!ショッピング】ニコン NIKKOR Z 40mm f/2 SE

NIKKOR Z 40mm f/2のSEの違いは小さいようでデカい

今回はNIKKOR Z 40mm f/2について作例を交えて紹介した。

NIKKOR Z 40mm f/2(SE)を買って良かったと思う。

「SE」って普通のと何が違うの?

結論、見た目がオールドレンズっぽく変更されている。

中身は全く同じだけど「SE」の方が4,400円高い。

SEとは、スペシャルエディションの略。

クラシカルで可愛くて外観のチープさも薄れる。

どうせ長く所有するなら写欲が上がる方を選びたい。

俺は初ニコンのレンズがこれで良かった。

特に子連れの家族におすすめしたい。

レンズは小さく持ち運びやすいから子供とのお出かけに最適。

170g程度と超軽量なのも嬉しい。

荷物を減らしたいシーンで助かる。

スナップ撮影にはネックストラップ

また小さなレンズだけどフォーカス速度は十分。

高トルクなSTM(ステッピングモーター)が搭載される。

スッ…って感じに静かで素早いピント合わせができる。

走り回る子供にも大丈夫!

NIKKOR Z 40mm f/2は色々なシーンで活躍できる。

だから初めての1本でも安心だ。

メインでも活躍できる息の長いレンズになる。

ニコンさん値段を間違えてない?って感じる高コスパレンズだ。

おしまい。

∟【Amazon】ニコン NIKKOR Z 40mm f/2 SE

∟【楽天市場】ニコン NIKKOR Z 40mm f/2 SE

∟【Yahoo!ショッピング】ニコン NIKKOR Z 40mm f/2 SE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA