【比較レビュー】初心者にマジでおすすめな Canon ミラーレス 2選

初心者におすすめなCanonミラーレス

当サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

「カメラ初心者におすすめなミラーレス一眼って?」

「性能が良くて安いミラーレスが欲しい!」

カメラ選びに正解はない。

でも、初心者が限られた予算内でカメラを選ぶなら話は別。

限りなくベストって感じ!

ちなみに今回は写真撮影だけを行なう前提で話を進める。

結論、Canon なら「 EOS RP 」「 EOS R10 」がおすすめ。(2023年9月現在)

俺は Canon が好き!でも最近の SONY の猛攻がスゴい。

ミラーレスメーカー比較 【4メーカー比較】ミラーレスカメラ入門はキヤノンかソニーどっちかでOK ミラーレスとは 【どっち?】俺はキヤノン派!キヤノンかソニーで始めるミラーレス生活

そして俺の実体験をもとに「 RP 」「 R10 」を比較していく。

この記事がおすすめな人
  • カメラ初心者でミラーレスの購入を検討している人
  • Canon ミラーレスの比較レビューが知りたい人

この記事を読めば、なぜ初心者に「 RP 」「 R10 」がおすすめか分かる。

俺自身がどちらのカメラも愛用しているぞ!

初心者〜中級者までOK!おすすめ Canon ミラーレスは絶対コレ!

カメラ初心者におすすめな機種が以下の 2つ。

  • EOS RP
  • EOS R10

これらはキヤノン公式で「ミドルクラス」にカテゴライズされる。

でも初心者がいきなりミドルクラスって大丈夫?

EOS RP
Canon(キヤノン)
∟【カメラのキタムラ】キヤノン EOS RP
EOS R10
ボディ
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
∟【楽天市場】キヤノン EOS R10∟【Yahoo!ショッピング】キヤノン EOS R10∟【カメラのキタムラ】キヤノン EOS R10

むしろエントリークラスを選択しない方が良いと感じている。

価格がそこまで変わらない割に性能が大きく違うため。

  • 長く付き合っていける。
  • 撮影スキル向上に役立つ。
  • 低コストだからレンズを揃えやすい。

これらを理由に、自身のステップアップも狙えるモデルとなっている。

初心者 ~ 中級者まで幅広く使える仕様が特徴だ。

初心者おすすめポイントはコスパだけにあらず!Canon ミラーレスの底力がスゴい!

「 RP 」「 R10 」に共通する初心者に嬉しいメリットを見ていく。

まずボディが軽量ってメリットが挙げられる。

RP は 485g とフルサイズとは思えないほど軽い。(バッテリー、SDカード含む。)

ボディキャップを含めると 501 g となる。

R10 に関しては 429g と更に軽い。(バッテリー、SDカード含む。)

ボディキャップ とアンカーリンクス を含めても 446 g だ。

便利グッズの「アンカーリンクス」については以下をどうぞ。

カメラが壊れないように 【カメラが壊れた!?】カメラ初心者が知っておきたい4つの故障原因

軽くて負担が少ないのは、ミラーレスに慣れていない初心者には大きなメリット。

結局のところ、どんなに良いカメラでも持ち出して撮影しないと無価値。

また、メイン機となり得るポテンシャルの高さも魅力的。

廉価な割に機能がしっかりと盛り込まれている。

コスパという視点でも秀逸なカメラだ。

特に RP に関してはコスパが飛び抜けている。

「フルサイズで写真撮影をトライしたい!」って人にとって間違いなく候補に上がるモデルだ。

【初心者にこそ見てほしい!】Canon おすすめミラーレスのデメリット 3選

続いて両機に共通するデメリットを洗い出してみる。

気にする人が多いであろう機能が、手ブレ補正の有無

今回おすすめする両機ともに手ブレ補正機能が非搭載。

手ブレ
  • どうしても手持ちで夜景が撮りたい!
  • 超望遠ズームで鳥の瞳にピントを当てたい!

こういった使い方をしたい人には手ブレ補正は必要。

でも一般的な使い方じゃないよね。

結論、手ブレ補正が無くても「シャッタースピード」さえ稼げれば問題ない。

また、撮影時の姿勢などを見直すことでも対策が可能。

手ぶれ補正が搭載されていても、被写体が高速で動けばブレる。

手ブレに対して、被写体ブレってやつ。

シャッタースピードを速くすれば被写体ブレも防ぐことができる。

更に両機に共通するデメリットとして、バッテリー容量の少なさが挙げられる。

両機とも「 LP-E17 」という小型バッテリーを搭載している。

使い方にもよるけど、250 〜 300 枚ほど撮影するとバッテリーが無くなるって感じ。

ただ対策が可能で、その方法は以下 3つ。

  1. スペアのバッテリーを携帯する。
  2. モバイルバッテリーを携帯する
  3. こまめに電源を切る。

俺のおすすめ対策は「2」のモバイルバッテリーの携帯。

カメラだけでなく色々な機器に使えて無駄がない。

最近は【充電器 + モバイルバッテリーのハイブリッド】なんて商品も出ている。

最小限の荷物でマジで便利に使える。

Anker 521 Power Bank 【時代のNEWスタンダード】Anker 521 Power Bank レビュー

そして電源をこまめにオフにすれば、LP-E17 バッテリー1本で運用可能だ。

あと人によっては「上位機種のような豪華さが無い」と感じるかも。

構造をシンプルにしたり、外装に樹脂を使用することでコストダウンを図っている。

俺は全く気にならないけど、人によってはガッカリするポイントかも?

Canon ミラーレス「RP」「R10」を実体験から比較レビュー

「RP」「R10」を実際に使っているからこそ分かる違いを比較する。

実体験に基づいたレビューだから説得力はあると思う。

同じ構図・同じレンズで撮影したから参考にどうぞ。

EOS RP
EOS R10
EOS RP
EOS R10

またレンズについては別記事を参考にしてほしい。

RF24-105mm F4-7.1 IS STM 【もっと評価されるべきレンズ】RF 24-105mm F4-7.1 IS STM RF50mm F1.8 STM 【RF50mm F1.8 STM】Canonのミラーレス初心者マストレンズ RF35mm F1.8 MACRO IS STM 【作例あり】RF35mm F1.8 マクロ IS STMレビュー

センサーサイズで選ぶなら RP 一択

EOS RP はフルサイズセンサー、EOS R10 は APS-C センサーを搭載している。

入門カメラは20万円以下がおすすめ
EOS RP のフルサイズセンサー。

写真を撮る上でフルサイズの方がメリットが大きいってのは、疑いようのない事実。

  • 高画質。
  • 高感度撮影に強い。(ノイズが乗りにくい)
  • RAW 撮影による編集耐性が高い。

デメリットは価格が高くなり、サイズが大きく重くなること。

RP はコスパに優れた軽量ボディにより、見事にデメリットを打ち消している。

またフルサイズと APS-C サイズで画角が変わる点にも注意したい。

EOS RP で撮影。レンズは RF 50mm F1.8 STM を使用。
EOS R10 で撮影。レンズは RF 50mm F1.8 STM を使用。

同じレンズでも、フルサイズより APS-C サイズの方が1.6倍の望遠となる。(Canon の場合)

望遠域を多用する人は、APS-C サイズの方がしっくりくるかも。

【AF オバケ】動体撮影なら圧倒的に EOS R10 がおすすめ!

AF(オートフォーカス)で比較すると、両機で大きな差が出る。

AF の精度やトラッキングなどを比較すると「 R10 」の性能がぶち抜けている。

これは EOS R3 の AF アルゴリズムが搭載されるからだ。

ちなみにフォーカス速度は RP もそこそこ速い。

AF に関して、R10 を使った後に RP を使うとストレスを感じる。

更にR10 には便利なマルチコントローラーが搭載される。

これを使えばフォーカス選択がマジで楽!

マルチコントローラー非搭載の RP には「タッチ&ドラッグAF」という機能が備わる。

背面モニターを指で触ってフォーカスポイントを選択する。

左目でファインダーを覗く人は操作しにくいから要注意!

フォーカスに関して RP は大味に感じる。

ボディ
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
∟【楽天市場】キヤノン EOS R10∟【Yahoo!ショッピング】キヤノン EOS R10∟【カメラのキタムラ】キヤノン EOS R10

【重要】ファインダー(EVF)を覗くと RP の方が高精細で色鮮やか

ファインダーの性能まで気にしない人が多いのでは?

高精細で色鮮やかなファインダーの方が間違いなく撮影が捗る。

同じに見える RP と R10 のEVFって、実は見え方が大きく違う。

明らかに RP の方が良い!

基本スペックはほぼ同じだけど、RP はドット数の多い有機 EL を採用していてマジでキレイ。

有機 EL のおかげで、明るく高精細で色鮮やか。

マジでこの差は大きすぎる。

R10 の EVF は、OLEDカラー電子ビューファインダーが採用される。

RP の EVF と比較して、R10 はザラついて暗く硬いイメージ。

Canon(キヤノン)
∟【カメラのキタムラ】キヤノン EOS RP

シャッターレスポンスやクリック感の好き嫌いが分かれる

RP のシャッターがどうも俺には合わない。

クリック感が少なく、半押しから全押しすると「ふにゃ」っとシャッターが切れる。

この「ふにゃ」が苦手。力が入らないから手ブレを抑制できるとは思うけど…。

そしてシャッターレスポンスも悪く感じる。

単写でピッチを早めると、シャッターがイマイチ追いつかない。

R10 はクリック感の強いシャッターが特徴的。

半押しから全押しで「カチッ」って具合だ。

シャッターレスポンスに関しても軽快そのもの。

撮影してる感が R10 の方が強い。

個体差かもしれないけど、RP の前ダイヤルのクリック感が強いのも気になる。

親指グリップの RP 、中指グリップの R10

カメラを構えて感じるのが R10 のグリップの秀逸さ。

特に中指がガッツリ引っかかって安定感が強い。

ただ、グリップを握り込んだ指とレンズの距離が近い。

指がレンズに当たりやすいのは、若干気になるポイントだ。

R10 のボディが、それだけコンパクトってこと。

RP のグリップは良くも悪くも及第点って感じ。

でも、親指のグリップ感が好感触。

ボディ背面の突起が高く、親指のグリップ感が強くて安定感がある。

また両機とも小指が余ることは少ないだろう。

【初心者こそ使いたいミラーレス傑作機】Canon 「RP」「R10」で間違いない

EOS R10 にはポップアップフラッシュが備わる。

今回は「初心者が写真を撮る」という目線でミラーレスカメラを紹介した。

結論として以下のパターンを用意した。

  • 風景やポートレート撮影を行いたいなら「 EOS RP 」
  • 動き回る子供やペットをメインに撮影するなら「 EOS R10 」

EOS RP はフルサイズセンサーや優秀なファインダーをフルに使って、じっくりと被写体に向かう撮影に向いている。

Canon(キヤノン)
∟【カメラのキタムラ】キヤノン EOS RP

EOS R10 は突出した AF 性能を武器にスピーディーな撮影が行なえる。

ボディ
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
∟【楽天市場】キヤノン EOS R10∟【Yahoo!ショッピング】キヤノン EOS R10∟【カメラのキタムラ】キヤノン EOS R10

自分が何を撮影したい具体的に思い描いてみよう!

何を撮るの? 【ミラーレスで後悔】カメラ初心者ほど何を撮るのか明確にするべき5つの理由

更にどちらか選ぶとすると「 EOS R10 」がおすすめだ。

EVF こそ残念だけど、映像エンジン「 DIGIC X 」による解像度の高さやノイズ処理が優秀。

特に AF 性能がずば抜けて良いから、小さい子供がいる家庭で特におすすめだ。

今回紹介したミラーレス一眼カメラは両機とも非常にポテンシャルが高い。

だから一度買えば末長く使えるのも魅力だ。

「 RP 」「 R10 」ともに初心者にマジでおすすめなモデルなのは間違いない。

なお、購入に関しては【カメラのキタムラ】がおすすめ。

機材や撮影に関することを一括で任せられる安心感がある。

カメラのキタムラのメリット 【店舗?ネットショップ?】カメラのキタムラで購入すべき3つのメリット

本記事がカメラ選びの参考になれば幸いだ。

おしまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA