【作例あり】RF35mm F1.8 マクロ IS STMレビュー

RF35mm F1.8 MACRO IS STM

当サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

「RF35mm F1.8mm マクロ IS STM の作例やレビューが見たい」

「RF35mmとRF50mm。どっちもF1.8。どっちがイイ?」

RF35mm F1.8mm マクロ IS STM って単焦点レンズがある。

このレンズと RF50mm F1.8mm STM で迷う人って多いのでは?

価格で比べると RF35mmの方が2倍以上も高い。

【左】RF35mm。【右】RF50mm。

価格だけを見ると「ウッ…」ってなる。

結論、買えるなら「RF35mm F1.8mm マクロ IS STM」

キットレンズからのステップアップにも最高!

汎用性が高すぎてコスパが良いとすら感じる。

Canonの10万円以下のレンズで(今のところ)1番おすすめ。

この記事がおすすめな人
  • RF35mmの作例を見て検討したい人
  • 実際に所有して使ってる人のレビューが知りたい人

この記事を読めば、RF35mmユーザー目線でのレビューが分かる。

引き合いに出したけど「RF50mm F1.8 STM」も良いレンズ!

∟【Amazon】Canon RF35mm F1.8 MACRO IS STM ∟【楽天市場】Canon RF35mm F1.8 MACRO IS STM ∟【Yahoo!ショッピング】Canon RF35mm F1.8 MACRO IS STM ∟【カメラのキタムラ】Canon RF35mm F1.8 MACRO IS STM

【買い】RF35mm F1.8 マクロ IS STMが優秀すぎてツラい

RF35mmって使いやすいだけでなく描写力がハンパない。

総合的に判断してマジで神コスパ。

7万円弱で買えてEFレンズの「Lレンズ並み」の描写力!

他のレンズの出番が減って心苦しい。

ファインダーを覗いた瞬間に「このレンズ凄い」って感じる。

EOS R10 , RF35mm F1.8 MACRO IS STM , F1.8 , 1/500 , ISO100

開放絞り多めで撮影したけど精細な描写で感動。

開放F値からバンバン使っていける。

フルサイズ・APS-Cサイズともに使いやすい画角も魅力。

どちらも日常スナップで大活躍できる。

  • フルサイズ … 35mm
  • APS-Cサイズ … 56mm
EOS R10 , RF35mm F1.8 MACRO IS STM , F1.8 , 1/500 , ISO100

歪曲収差や周辺減光ともに気にならない。

RAW現像は、Lightroomなどのレンズプロファイルありき。

解放絞りで少し色かぶりが出る。

と言っても、ほとんど分からないレベル。

F2.8以降まで絞れば全く問題ない!

EOS R10 , RF35mm F1.8 MACRO IS STM , F1.8 , 1/100 , ISO200

レンズ内手ブレ補正(IS)が搭載されるのも嬉しい。

暗いシーンでも手ブレを気にせず撮影に挑める。

更にハーフマクロOKの万能ぶりだ。

初心者から玄人までおすすめなレンズだ。

RF35mm F1.8 マクロ IS STMってポートレート撮れる?「結論、撮れる」

「万能レンズ」って言葉がぴったりのRF35mm。

ここからは特におすすめな使い方を深掘りしていく。

  • ポートレート
  • 屋内撮影
  • テーブルフォト

これらが際立って得意だと感じた。

【ポートレートも得意だけど寄る必要あり?】RF35mm F1.8 マクロ IS STM

EOS R10 , RF35mm F1.8 MACRO IS STM , F8 , 1/500 , ISO100

結論から言ってポートレートも得意なレンズだ。

EOS R10 , RF35mm F1.8 MACRO IS STM , F4.5 , 1/500 , ISO200

広い画角だけど立体感のある撮影ができる。

しっかりと主題を強調した撮影ができる。

寄れるレンズだから、35mmの画角でも問題ない。

ちょっと「圧」を感じさせるかもだけど…。

ポートレート撮影には、APS-Cサイズの方が向いている。

EOS R10 + RF35mm。

35mm換算で56mmと使いやすい画角になる。

素直な描写が魅力でポートレートに最適だ。

ある程度は離れて撮影できるからレンズを意識させにくい。

フォーカスの速さに加え、正確に瞳を拾ってくれる。

ポートレート撮影は総じて得意なレンズだ。

【作例あり】RF35mm F1.8 マクロ IS STMなら暗いシーンでも安心

EOS R10 , RF35mm F1.8 MACRO IS STM , F1.8 , 1/50 , ISO100

「テーブルフォト」や「屋内撮影」にもおすすめ。

正直テーブルフォトには期待してなかった。

使ってみると最高だったよ。

EOS R10 , RF35mm F1.8 MACRO IS STM , F2.5 , 1/250 , ISO2000

明るく寄れるから美味しそうに撮れる。

室内撮影が全般的に得意だと感じる。

手ブレ補正(IS)のおかげでスローシャッターの手持ちが可能。

ISとハーフマクロとのコンビも優秀。

EOS RP , RF35mm F1.8 MACRO IS STM , F2 , 1/200 , ISO640

室内のブツ撮りにめっちゃイイ。

よほどのことが無い限り三脚なしでOK。

ISO感度を抑えた撮影が可能で装備も身軽に。

Canonの10万円以下で買える単焦点レンズで1番おすすめかも(APS-C)

「EOS R10」との組み合わせが気に入っている。

  • 単焦点レンズ
  • 標準域
  • コンパクト
  • 明るい
  • レンズ内手ブレ補正有

APS-Cでこれらを満たすのってRF35mmくらい。

もうこれ1本で良くね?って思えてくる。

だからAPS-C機「EOS R10」で撮影した作例が多い。

絶妙なサイズ感。IS付きと思えないコンパクトレンズ

【左】RF35mm。【右】RF 24-105mm F4-7.1。

レンズの長さはコンパクトで良い塩梅。

左手で支えるのにちょうどいいサイズ。

パンケーキレンズに近づくほど左手のホールドが困難。

レンズプロテクター込みで313g 。

ISが搭載されて305gという重量だ。

Canonのレンズでは軽い部類。

塊感のある重さを感じるけど外装は樹脂。

人差し指と中指がレンズと近い気もする。

EOS R10 との組み合わせで700g台前半。

十分に軽量なシステムと言える。

万能でありながら突出した描写力がある

EOS R10 , RF35mm F1.8 MACRO IS STM , F2.2 , 1/500 , ISO100

RF35mmの描写力って非常に高い。

解像度に関して申し分なく、EFレンズ時代の「Lレンズ」相当。

ファインダーを覗いた瞬間「なんか違う!」って感じる。

使いやすい焦点距離も大きな魅力だ。

  • フルサイズ … 35mm
  • APS-Cサイズ … 56mm
EOS R10 , RF35mm F1.8 MACRO IS STM , F1.8 , 1/500 , ISO100

フルサイズの35mmという画角はスナップ撮影と相性がいい。

個人的に旅行に最適な画角だと思う。

主題プラスαで背景の情報を取り込める。

EOS R10 , RF35mm F1.8 MACRO IS STM , F14 , 1/500 , ISO100

APS-Cでは56mmという標準域の画角で使いやすい。

主題を明確にしたい人に刺さる画角。

この被写体が写したかったんだ!って感じ。

EOS R10 , RF35mm F1.8 MACRO IS STM , F6.3 , 1/500 , ISO100

逆光耐性は非常に高く、晴天時にもバンバン使っていける。

レンズプロテクター付きで、ゴーストやフレアが発生しない。

∟【Amazon】Canon RF35mm F1.8 MACRO IS STM ∟【楽天市場】Canon RF35mm F1.8 MACRO IS STM ∟【Yahoo!ショッピング】Canon RF35mm F1.8 MACRO IS STM ∟【カメラのキタムラ】Canon RF35mm F1.8 MACRO IS STM

【安心感】明るいレンズで手ブレ補正も搭載される

EOS R10 , RF35mm F1.8 MACRO IS STM , F1.8 , 1/40 , ISO200

開放F値が「1.8」という明るいレンズでメリットが大きい。

  • 背景をしっかりぼかせる。
  • 手ブレ・被写体ブレを抑制できる。

手ブレ補正(IS)も搭載されて安心感が高い。

ISとは、イメージスタビライザー。つまり手ブレ防止構造。

ボディ内手ブレ補正無しで「5段分」の手ブレ補正が可能。

室内撮りなどを行う場合のメリットは大きい。

寄れるだけじゃない!使いやすさにも拘ったハーフマクロ

EOS R10 , RF35mm F1.8 MACRO IS STM , F1.8 , 1/4000 , ISO100

RF35mmはハーフマクロ撮影が可能だ。

CMOSセンサーから17cmの距離まで寄れる。

MAX寄ってこんな感じ。
EOS RP , RF35mm F1.8 MACRO IS STM , F2 , 1/200 , ISO1600

マクロ域に近づくとフォーカスが遅くなって迷う。

マクロ域でレンズがにゅ~んと伸びてしまう。

被写体にレンズが当たってた!なんてことも。

AFとMFをレンズから切り替え可能。

ハーフマクロを撮影する上で超便利。

テンポよくマクロ撮影に挑める。

ミラーレスとは

ボディ前面に切り替えスイッチがあるカメラでは効果が薄い。

【コントロールリングが便利!】動作音が小さくて優秀なAF性能

AFの速度は上々でモーター音も小さめ。

RF50mm F1.8 STMのような「ウィーン」って音ではない。

同じ「ギア式STM」なのに全く違う印象。

耳当たりの良い「クックッ…」って音。

またRF35mmにはコントロールリングが備わる。

コレがかなり便利!だけど慣れが必要かも。

レンズ前玉側にあるのがコントロールリング。

ローレット加工も丁寧で指かかりも良い。

「カチッカチッ」とクリック感がある。

露出補正などを割り当てることができる。

便利だけどコレに慣れると他のレンズで混乱しそう。

フォーカスリングはクリック感が無くヌルヌル動く。

レンズ後玉側がフォーカスリング。

カメラのキタムラなら安心して買えておすすめ。

【レビュー総括】RF35mm F1.8 マクロ IS STMは買って後悔しない秀逸レンズ

今回は「RF35mm F1.8 マクロ IS STM」を紹介した。

とにかく万能になんでも器用にこなせるレンズ。

旅行でにレンズを1本だけ持って行くならコレ。

EOS R10 , RF35mm F1.8 MACRO IS STM , F4 , 1/500 , ISO100
  • AFが速く申し分ない描写力
  • コンパクトだけど操作性が高い
  • 明るいレンズとISで暗所も安心

これらを考慮すると神コスパなレンズだと思う。

屋内撮影からポートレート、更にハーフマクロまで撮影シーンを選ばない。

RF50mm F1.8 STM はレンズプロテクター込みで170gと激軽!

RF35mmとRF50mmって、開放値が同じで迷う人が多いと思う。

  • 50mmの画角
  • 軽さ
  • 低価格

コレらにこだわるならRF50mmが良い。

個人的に長く付き合っていけるのはRF35mmだと感じる。

ぜひ本記事を参考にRF35mmを手に取ってもらいたい。

お気に入りの1本になると確信している!

おしまい。

∟【Amazon】Canon RF35mm F1.8 MACRO IS STM ∟【楽天市場】Canon RF35mm F1.8 MACRO IS STM ∟【Yahoo!ショッピング】Canon RF35mm F1.8 MACRO IS STM ∟【カメラのキタムラ】Canon RF35mm F1.8 MACRO IS STM

カメラのキタムラネットショップ

カメラ買うならネットショップがお得!

例えば…

①トクトク交換など購入サポートが豊富

②購入後もサービスが手厚い

などなど、初心者にもおすすめなショップだ!