Canon EOS R10を1年使い倒して見えてきた特徴をレビュー

EOS R10

当サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

「EOS R10を買って後悔する人は?」

「レンズキットを買う方がいい?」

「血の通ったレビューが知りたい」

カメラ選びは本当に難しい。

カメラ初心者は“何を基準に選ぶべき”か分からないはず。

俺の実体験から「Canon EOS R10」を強烈におすすめしたい。

高スペックで長く使えるうえ、カメラの練習にも最適。

ただし、しっかりデメリットもあるカメラだ。

そこでEOS R10を1年ほど愛用した経験をもとに記事にする。

この記事がおすすめな人
  • カメラ初心者の人
  • EOS R10の購入を迷っている人
  • デメリットも含めたレビューが知りたい人

この記事を読むと、EOS R10の特徴がサクッと理解できる。

EOS R10となら充実したカメラライフが送れるだろう。

Canon(キヤノン)
∟【Amazon】キヤノン EOS R10∟【楽天市場】キヤノン EOS R10∟【Yahoo!ショッピング】キヤノン EOS R10

センサーサイズに妥協してEOS R10を買うと後悔する

Canon EOS R10ミドルクラスのAPS-C機となる。

10万円ちょっとに思えない高性能ぶりでおすすめのカメラだ。

そんなカメラなら買って後悔する人っているの?

結論、フルサイズカメラが頭をチラついてる人は要注意。

フルサイズとAPS-Cでは画質やダイナミックレンジなどに差が。

暗所などの高感度ではAPS-Cは不利になる。

とは言え、EOS R10が良いカメラなのは間違いない。

でもフルサイズと比較すると、良くも悪くも小さく収まりすぎる。

1年ほど使って後悔しそうな人が分かってきた。

  • RAW編集を使ってガッツリ写真を触りたい人
  • 動画撮影にもチャレンジしたい人

個人的に1番ネックに感じているのがRAW編集の耐性。

フルサイズと比べて“白飛び黒つぶれ”の耐性は劣る。

思い切り編集したい人はEOS RPなどの方が良い。

センサーサイズは後から取り返しのつかないから慎重に!

カメラのキタムラのメリット

反対に満足できそうなのはカメラを初めて使う人だろう。

EOS R10はミドルクラス機だからこそ長く楽しめる。

フルサイズにステップアップしてもサブカメラとして使える。

正直、EOS R10のレンズキットはおすすめしない

レンズ沼のデメリットと対策

EOS R10は高性能APS-Cミラーレスカメラ。

CanonではAPS-C機に最適化された「RF-Sレンズ」が存在する。

RF-Sレンズキットを買えば良いってことね?

結論、RF-Sレンズキットはおすすめできない。

APS-Cを買ってもフルサイズにステップアップする人は多い。

カメラに興味があるからスペックの高いEOS R10を選ぶのでは?

RF35mm F1.8 MACRO IS STM

個人的にはフルサイズ単焦点レンズを選びたい。

「RF35mm F1.8 MACRO IS STM」が最初の1本におすすめ。

EOS R10で使うと56mm相当の標準レンズとして使える。

APS-C用のRF-Sレンズのメリットは「軽さと価格の安さ」だ。

ただし暗いズームレンズが多くてボケ味が弱い。

一眼で撮った!って感じの写真が撮りたい人はガッカリする。

EOS R10とのバランスも良い。

RF35mm F1.8 MACRO IS STMは明るくて良くボケる。

その他におすすめする理由は次の6つのためだ。

  1. 写りがとにかくキレイ
  2. 手ブレ補正「IS」が搭載される
  3. 56mmという万能すぎる画角
  4. 丁度良いサイズ感
  5. ハーフマクロで物撮りなども
  6. フルサイズでは35mmの準広角レンズとして使える

このレンズ1本あれば日常生活で撮れないものは少ない。

他のレンズを使わなくなってしまうほど便利だ。

当ブログ内の写真もこのレンズで撮影したものが多い。

インスタに投稿した作例を1枚。

クリアで発色の良いレンズだと分かる。

レンズ沼のデメリットと対策

またEOS R10で動画撮影するにも便利なレンズだ。

フォーカス時の音がとても静かなためだ。

手ブレ補正が非搭載のEOS R10にとって「IS」は武器となる。

何よりフルサイズにステップアップしてからも使えるのがいい。

【EOS R10レビュー】1年苦楽を共にしたからこそ分かるコト

EOS R10を買ってから撮影が楽しくなった。

ブログの写真撮影用に買ったけど撮影自体にハマった。

EOS R10を1年ほど使った感想は?

結論、メインカメラとしてはもちろん未来のサブカメラにも◎

1度購入すると息の長いカメラになるだろう。

総評としてはデメリットよりメリットが勝つ印象だ。

そこでメリットとデメリットを分かりやすく紹介する。

デメリットはあるけど満足感の高いカメラに違いない。

EOS R10のメリットは爆速AFを小型ボディで堪能できる点

AF速度・精度を抜きには語れない。

AF動作サーボ+AFエリア全域ならカメラ任せでOK!

被写体の認識機能を使うとよりスムーズ!

そこに最新の映像エンジン「DIGIC X」が組み合わさる。

DIGIC Xの高速画像処理によって連写が爆速に。

  • メカシャッター … 秒間約15コマ
  • 電子シャッター … 秒間約23コマ

ただしバッファが少なくてすぐにデータが詰まってしまう。

SDカードは高速なUHS-IIなどを使いたい。

ミラーレスとコンデジ
ぎゅっと握りこめる。

小型軽量なのにグリップが深くて握り心地がいい。

テクスチャが滑りにくいから大型レンズでも安心。

コンパクトながらマルチコントローラーが搭載される点も秀逸。

初心者におすすめなCanonミラーレス
ポップアップフラッシュも搭載する。

起動が爆速でスナップ撮影も捗る。

公式によると約0.4秒とのこと。

ボディ内手ブレ補正が搭載されないからこその機動力!

AF・MFを物理ボタンで変更できる。

AFとMFも瞬時に切り替えれるからチャンスを逃さない。

露出補正が優秀でカメラ任せでOKな点もイイ。

Canon(キヤノン)
∟【Amazon】キヤノン EOS R10∟【楽天市場】キヤノン EOS R10∟【Yahoo!ショッピング】キヤノン EOS R10

EOS R10のデメリットはなんと言ってもバッテリー容量!

【後悔】EOS RP

まず真っ先に思い付くのが撮影可能枚数の少なさ。

コンデジ+αくらいの「LP-E17バッテリー」が原因。

とはいえ、同じバッテリーを搭載するフルサイズより持ちがいい。

APS-C機の方がセンサーが小さいから省電力。

小さなバッテリーが軽量化に貢献してるのは間違いない。

モバイルバッテリーで充電しながら使えば問題ない。

スポーツ撮影
IS(イメージスタビライザー)付きレンズなら手ブレも安心。

ボディ内手ブレ補正が付いていないのもデメリットだろう。

明るいレンズを積極的に使っていきたい。

手ブレ補正に頼らない方がカメラの練習になる。

シャッター速度が1/4000までなのも気になる。

屋外で露出オーバーなりやすいため対策が必要だ。

F値を大きくしたりNDフィルターを付けるなどが有効。

ファインダーって必要?

ファインダーが少し見辛いと感じることがある。

ズバリ廉価なAPS-C機っぽい見え方をする。

MFで撮影するならピーキングが必須だ。

ミラーレスとコンデジ
コンデジと比べると十分な質感。

高級感が無いのが気になる人がいるかも。

「ガラス繊維入りポリカーボネイト樹脂」で形成される。

とはいえこれのおかげで軽いボディに仕上がっている。

露出ダイヤルの回りが軽すぎる気もする。

EOS R10はフォトグラファーを育てるカメラだと思う

今回は「EOS R10」を1年ほど使ったレビューを記事にした。

EOS R10はこれからカメラを始める人に本気でおすすめできる。

どうしてそう思うの?

結論、最強の練習用ミラーレスカメラとしての素質も感じる。

小さくて軽いからどこへでも持ち出せるのがステキ。

カメラを常に持ち歩くことって意外と難しい。

初めてのカメラは手ブレ補正がいらないと思う。

カメラの構え方シャッタースピードの考え方が身につくため。

考えてシャッターを切るから上達しやすい。

とは言え、基本スペックが高いカメラだから長く愛用できる。

将来的にフルサイズに移行してもサブカメラとして活躍可能。

フルサイズを視野に入れるならAFレンズを拡充したい。

ブログ初心者が揃える3つ

小さなボディに魅力が詰め込まれた「Canon EOS R10」

コロンとした見た目も相まって愛着が湧きやすい。

アマチュア~ハイアマチュアまで自信を持っておすすめできる!

ぜひ本記事を参考にEOS R10を検討してみてほしい。

おしまい。

Canon(キヤノン)
∟【Amazon】キヤノン EOS R10∟【楽天市場】キヤノン EOS R10∟【Yahoo!ショッピング】キヤノン EOS R10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA