【ミラーレスで後悔】カメラ初心者ほど何を撮るのか明確にするべき5つの理由

ミラーレスで後悔

当サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

「ミラーレスカメラを買って後悔しないか心配…」

「初心者はどんなカメラがいい?」

ミラーレスカメラって高額だ。

安くて10万円〜って高すぎるだろ…。

最近はスマホで十分キレイに撮影できる。

だから高額なミラーレスを買って後悔するのは避けたい。

俺も使ってて後悔する要素が多いって感じる。

そこで初心者に向けて後悔しない方法を記事にする。

できるだけ具体的に紹介していく。

この記事がおすすめな人
  • カメラ初心者の人
  • ミラーレスを買って後悔したくない人

この記事を読めば、ミラーレスを買ってから後悔する可能性が減る。

レンタルで試してから買えば100%間違いない。


CAMERA RENT(カメラレント)

カメラ好きならマストでおさえたいサービス!

例えば…

①手の届かない憧れのレンズで撮影できる!

②最新カメラの性能が試せる

カメラ・レンズのお得な月額制サブスクサービス

何を撮りたいか明確にしないとミラーレスカメラを買って後悔する

初心者におすすめなCanonミラーレス

まず、やりがちな失敗例がコレ。

価格を先に決めてミラーレスを買うってこと。

予算は無限じゃないから当然やん?

結論、まず何を撮影したいかを明確にしないと後悔する。

日常のスナップ撮影やペットの撮影など。

カメラ毎に撮影の向き不向きが明確。

とは言え、何を撮りたいか分からないって人も多いだろう。

以下の被写体リストを参照してほしい。

  • 人物
  • ペット
  • 風景
  • プラモデルなどの物取り
  • 遠くの野鳥
  • 夜景
  • 花や昆虫
  • 天体
EOS R10 , RF50mm F1.8 STM , F2.0 , 1/500 , ISO2500

俺はペットを撮影するから、動きに強いカメラを選んだ。

AFが優秀だから失敗が少ない。

何を撮影するかでカメラ選びは変わる。

例えば、SNSで映える写真を撮影したいとする。

この場合、明るい単焦点レンズを購入するべき。

でも価格だけで選べばキットレンズを使うハメに。

キットレンズは暗くてボケ味が少ない。

背景ボケなどを期待してると後悔するだろう。

キットレンズは、ボケ味は少ないけど便利なものが多い。

Canonの単焦点レンズはついてはこちら。

カメラ初心者におすすめなセンサーサイズって?

【後悔】EOS RP

カメラ選びに深く関わってくるのがイメージセンサー。

乱暴に言えば、コレが大きい方が写真がキレイ。

じゃあ大きいセンサーを選べば良いんだね!

結論、大きいセンサーが必要かどうかはケースバイケース。

SNSに写真をアップするだけなら必要ないかも。

一般的にフルサイズセンサーが最も大きい。

センサーが大きい方が撮影に有利なのは間違いない。

でもフルサイズにも次のデメリットが。

  • 価格が爆発的に高くなる。
  • ボディが大きく重くなる。
  • レンズも大きく重くなる傾向にある。

用途によってはフルサイズが必ずしも正解とは限らない。

特に価格が高くなるのは初心者にはキツい。

むしろフルサイズであることが足枷に…。

SNSに写真を投稿するのが目的ならフルサイズは必要ない。

理由は、写真のサイズが縮小されるから。

(ボケ味は異なるけど)解像感にほとんど差がない。

APS-C。
フルサイズ。

APS-Cサイズもあればマジで十分。

APS-Cならフルサイズのデメリットも緩和できる。

価格が安くなって小さく軽くなる!

RF50mm F1.8 STM
EOS R10 , RF50mm F1.8 STM , F1.8 , 1/500 , ISO200
RF35mm F1.8 MACRO IS STM
EOS R10 , RF35mm F1.8 MACRO IS STM , F2.2 , 1/500 , ISO100

これらの写真はどちらもAPS-Cで撮影したもの。

解像感も良いと思うけどいかがだろうか?

SNSの投稿はAPS-Cサイズで十分。

ちなみに撮影した機材は「EOS R10」

小型で使いやすく AFも強力。

∟【Amazon】キヤノン EOS R10 ∟【楽天市場】キヤノン EOS R10 ∟【Yahoo!ショッピング】キヤノン EOS R10

ミラーレスを買って後悔する5つの具体的パターン

先の通り「何を撮影するか」明確にしたい。

何となーくで買うときっと後悔するだろう。

どんな感じに後悔する?

結論、次の5つの後悔にパターン化できる。

誰もが陥りやすいから要注意。

俺も過去に後悔して売却した経験がある。

  1. カメラを使わなくなる。
  2. そっこーで目移り。
  3. 操作が難しくて心折れる。
  4. 出費が増えてしんどい。
  5. 写真整理めんどくせぇ。

それぞれ順番に解説する。

【後悔1】カメラを使わなくなる

初心者におすすめなCanonミラーレス

ミラーレスカメラってデカい。

小型モデルでも荷物が増えることに変わりない。

そのうち撮る機会が減って部屋のディスプレイに…。

これがミラーレスを買って後悔する黄金パターンだ。

首からカメラぶら下げて…ってスタイルにありがち。

対策はカメラバックを併用すること。

おすすめバッグを載せるからどうぞ。

【後悔2】そっこーで目移り

カメラを勉強しすぎな人に起こりがち。

運命の1台と言わんばかりに飛びついて購入。

また運命の1台が現れた!って目移り…。

こういう人はスペックだけ追いかけてるかも。

何を撮影したいで最適なカメラを決めよう。

【後悔3】操作が難しくて心折れる

熱しやすく冷めやすい人に多い後悔だ。

操作が難しくて使わなくなってしまう。

そんなに難しいの?

難しいというか「慣れ」の問題。

慣れるほど使い込めないことが原因だ。

カメラの知識も使ってるうちに身につくし。

飽き性の人がいきなりハイエンド機を導入するのは危険かも。

入門機に慣れてからでも全く遅くない。

【後悔4】出費が増えてしんどい

まさしく俺がこのタイプ。

特にレンズにハマると出費がどんどん増える。

ふと我に返って虚しくなった…。

今思い返すと手当たり次第に購入していた。

使わないレンズが勿体なさ過ぎる。

ほったらかしにしてるとレンズ内にカビが生えるし…。

CAMERA RENT(カメラレント)

レンズ問題はレンタルをうまく使うことで解決できる。

中でも“カメラレント”ってサービスがおすすめ。

レンズなら月額3,850円から借りることができる。

CAMERA RENT(カメラレント)
レンタルなら保管の手間もない。

これなら被写体によってレンズを交換することが可能だ。

またレンズを買う前の試し撮りでもレンタルは使える。

レンズが少ない初心者にも“カメラレント”はおすすめだ。

リンク:「レンタルを使えば後悔しない!」

【後悔5】写真整理めんどくせぇ

【MacBook Air M1】何ができる

写真枚数が増えると整理がマジで面倒に。

スマホみたいに自動でキレイに分類されない。

更にRAW現像の手間まで入れると…。

人によっては絶対ムリ!って作業だ。

JPEGでサクッと撮影してSNSにアップくらいなら大丈夫だろう。

値段より大切。カメラ初心者ほど何が撮りたいかマジで明確に!

ミラーレスメーカー比較

カメラって高い買い物だ。

ミラーレス入門機でもボディ+レンズで約10万円。

絶対に後悔したくないんだ!

結論、後悔したくなければ何を撮影するか明確に!

カメラやレンズはそれぞれ得意な用途がある。

用途に合わないと「スマホでよくね?」になりがち。

更に撮った写真をどうするかまで考えれば完璧。

大判プリントしたい人はフルサイズが良い。

SNSアップが目的ならAPS-Cで十分過ぎる!

メーカーが絞れなくて困ってる人はこちら。

また、5つの後悔パターンも紹介した。

パターンさえ分かれば対策も簡単だ。

詳しくは記事内を参照してほしい。

「1mmも後悔したくない!」って人はレンタルも検討しよう。

今回紹介した“カメラレント”は俺も使ってるけどマジで良かった。

実際に使ってみると色々なことが見えてくる!

本サービスを参考に後悔のない選択ができることを祈っておく。

そのために「何を撮りたいか?」を追求してみよう。

おしまい。


CAMERA RENT(カメラレント)

カメラ好きならマストでおさえたいサービス!

例えば…

①手の届かない憧れのレンズで撮影できる!

②最新カメラの性能が試せる

カメラ・レンズのお得な月額制サブスクサービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA