【3年目レビュー】EOS RP を買って後悔する原因はこの4つ

【後悔】EOS RP

当サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

「EOS RPって少し前のカメラだけど、ぶっちゃけどう?」

「EOS RPを買って後悔しない人ってどんな人?」

2020年に「EOS RP」を購入してから3年が経過した。

RPを購入した当時、全てのカメラ(レンズ含)を手放していた。

レンズを揃える必要があったからRPの価格って魅力的。

EOS RP はフルサイズセンサー搭載機としては破格のカメラ。

その価格のインパクトは現在ではさらに際立っている。

でも発売されてだいぶ経つし、買って後悔したくない…。

結論、EOS RP はまだまだ現役で活躍できる。

ただしある程度の弱点は許容する必要アリ。

この記事がおすすめな人
  • 今まさにEOS RP の購入を迷っている人
  • EOS RP の強みや弱点を知りたい人
  • 後悔しないためのポイントを予習したい人

この記事を読むと、EOS RP を買ってから後悔する確率が低くなる。

合わせてこちらの記事もどうぞ。

Canon(キヤノン)
∟【Amazon】キヤノン EOS RP∟【楽天市場】キヤノン EOS RP∟【Yahoo!ショッピング】キヤノン EOS RP

カメラのキタムラネットショップ

カメラ買うならネットショップがお得!

例えば…

①トクトク交換など購入サポートが豊富

②購入後もサービスが手厚い

などなど、初心者にもおすすめなショップだ!

レビュー書いて再認識!EOS RPはまだまだ現役で活躍できる

2023年に「EOS R8」ってカメラが発売された。

このR8ってカメラは、RPの完全上位互換になる。

外見はネームバッジを見ないと分からないほどソックリ。

軽さが売りのRPより、R8は更に軽い。

RPが勝てるのはぶっちゃけ価格だけになっている。

これに関して、R8買える人はR8を買おう!笑

ただしその価格差がマジで大きくてバカにならない。

EOS RPの価格はざっくり12万円弱。

R8の価格に対してRPは半額!

今後はこの価格でフルサイズミラーレスって出ないと思う。

デフレ大国日本でもインフレで物価が上昇中。

低価格というメリット(説得力)はデカい。

10万円以上も価格差があるから差額でレンズが揃う。

レンズが少ない初心者の人には嬉しすぎるポイント。

EOS RPは値落ちが少ないのもメリット。

上位機種を買う場合の下取りカメラとして有効。

【後悔】いつまでもあると思うな親とEOS RP

フルサイズミラーレスカメラが新品で12万円弱。

このインパクトは凄まじい…。

少々古さを感じる機種とはいえメリットは大きい。

フルサイズカメラを使ってみたい人にとって十分に候補になる。

EOS RP , RF35mm F1.8 MACRO IS STM , F2.0 , 1/500 , ISO320

映像エンジンは「DIGIC 8」って1世代前のもの。

ただし1世代前だから写りが悪いとかは全然感じない。

高感度撮影はさすがフルサイズ!って感じにノイズが少ない。

この価格でこれだけ高精細な絵作りができるって純粋に凄い。

色彩も鮮やかでグラデーションも滑らか。

頑張ればレンズ2本持ち歩ける。

フルサイズでありながらコンパクトなボディも特徴的。

特に全高が抑えられているからカメラバッグに引っかからない。

エブリデイスリング 3L みたいな小型バックと相性◯。

全幅は適度な広さ。

これ以上狭いとレンズに指が当たり気になってくる。

ボディ幅が狭いと大型レンズが使いにくい原因に。

グリップは大きくて握り込める。

でも指の形に合ってなくてフィット感イマイチ。

ボディ背面の親指グリップは優秀!

大型レンズを装着しても安心感が大きい。

2023年11月現在、EOS RPはディスコンになってない。

生産がいつまで続くか分からないから欲しい方はお早めに。

買って後悔するより、買わずに後悔する方が精神的に痛い。

「RF35mm F1.8 MACRO IS STM」ってレンズがお気に入り。

ちなみに本記事の作例は全てこのレンズ。

EOS RP との組み合わせがマジで使いやすい。

端的に言って EOS RP が「良いカメラ」であることは間違いない。

EOS RP , RF35mm F1.8 MACRO IS STM , F20 , 1/500 , ISO100

結論、フルサイズ初心者ならEOS RPを買ってまず後悔しない。

絵作りは非常に高画質で色彩も鮮やか。

ノイズの入り方も穏やかで、映像エンジンは優秀だと感じる。

EOS RP はお手頃価格だけど絵作りに妥協なし。

フルサイズの余裕が感じられるダイナミックレンジが最高。

EOS RP , RF35mm F1.8 MACRO IS STM , F2.0 , 1/500 , ISO250

APS-Cセンサーと比較して、ボケ味も非常に豊かで使って楽しい。

ボケて欲しいとこでしっかりボケるから背景整理が楽。

初フルサイズの人は、EOS RP を買って満足する可能性が高い。

APS-C からステップアップすると色々と感動する。

俺は圧倒的にファインダーが大きく見やすいことに驚いた。

Lightroom などを使ったレタッチの耐性も高く扱いやすい。

Canon(キヤノン)
∟【Amazon】キヤノン EOS RP∟【楽天市場】キヤノン EOS RP∟【Yahoo!ショッピング】キヤノン EOS RP

EOS RPを買って後悔しないために知っておきたい4つのこと

買って使ってみたら想像と違って後悔。

これが最悪のシナリオだ。

こうならないために RP のデメリットを紹介する。

RPを買って後悔する人は、すでに優れたAFカメラを使ってる人。

EOS RP のAFは(最近のカメラと比較して)賢くない。

シャッターボタン半押しで確実にAFがハマるって感じじゃない。

カメラはAF性能だけじゃないけど、AFが優秀だとストレスが無い。

後悔しないか心配な人はレンタルしてみるのも手。

特に「CAMERA RENT」ってサービスが使いやすい。

  • 月額3500円からレンタルできる。
  • レンタル期間は無期限。

保証も付けられるから、もしもの時も安心。

EOS RPも月額10,450円で借りられる。

∟【CAMERA RENT】カメラ・レンズの月額制サブスクサービス

映像エンジンが古い

EOS RP に搭載される映像エンジンは「DIGIC 8」。

ちなみに最新の映像エンジンは DIGIC X 。

最新の映像エンジンは、高感度にさらに強くなっている。

とはいえ、日中に撮影すれば差は感じない。

また DIGIC X の方が電力消費量が多いとの報告もある。

映像エンジンの古さは普通に使う分には意識しなくてOK。

なんでも最新が良い!ってタイプの人は後悔するポイントかも。

オートフォーカス(AF)の精度が甘い

EOS RP には「デュアルピクセルCMOS AF」が搭載される。

AFの合掌速度は早くてストレスは感じない。

ただしAFの精度が甘い。

なかなか欲しいところにピントが食いつかない。

奥にピントが抜けることが多い。

暗いシーンのフォーカス精度はそこそこ。

低コントラストな所にフォーカスするとAFが迷子になりやすい。

MF に切り替えてピントを丁寧に合わせる必要が出てくる。

サーボAFを使うと人物の瞳を追いかけてくれる。

ただし横顔になると途端にAFが怪しくなる。

動きが早いと瞳を取り逃がしがち。

動物や乗り物といった被写体認識はできない。

この場合、AFポイントを指定する必要がある。

初心者におすすめなCanonミラーレス
画面中央にマルチコントローラーが備わる。(EOS R10)

マルチコントローラーがついてないからタッチ&ドラッグAF。

左目でファインダーを覗く人は要注意!

タッチ&ドラッグできるエリアが右半分の顔で狭くなる。

俺は左目で覗くからこの辺がストレスに感じる。

動体(スポーツ)撮影に弱い

EOS RP は連写が効かない。

最高約5.0コマ/秒。

EOS R10 はメカシャッターで最高約15.0コマ/秒。

被写体認識の弱さも相まって動体撮影が得意ではない。

連写を多用したい人は RPを候補から外すべき。

バッテリーが貧弱&シングルスロット

バッテリーは「LP-E17」を搭載する。

電源入れっぱではがんがんバッテリーが減っていく。

対策はシンプルに細かな電源オフ。

カメラをスリープ状態で使うのは RP に向いていない。

小型バッテリーのおかげで本体重量も非常に軽い。

SDカードスロットが1枚なのも気になるところ。

ぶっちゃけダブルスロットの方がいいなぁ。

EOS RP はキヤノンが生んだ奇跡としてこれからも残してほしい

今回は「EOS RP」を3年使って感じたことをまとめた。

結論、めちゃくちゃ良いカメラだけど人によっては後悔する。

発売は2019年と、新しいカメラではないことが原因。

目新しい機能が無いから物足りなさは感じるかも。

RPを買ってから後悔するのは悲し過ぎ。

そこで後悔しそうなポイントを4つ洗い出すことにした。

  • 映像エンジンが1世代前
  • オートフォーカスの精度が甘い
  • 連写が効かずシャッターチャンスに弱い
  • マルチコントローラー非搭載で(人によっては)使いづらい

これらが許容範囲なら絶対に「買い」なカメラ。

今後ここまで手頃なフルサイズ機って登場しないと思う。

フルサイズの新品カメラが12万円弱で買えるって奇跡。

EOS RP , RF35mm F1.8 MACRO IS STM , F2.2 , 1/500 , ISO100

もちろん描写性能や画質に関しては全く申し分ない。

高感度耐性も流石フルサイズ!!って感じ。

言い方は悪いけど、舌が肥えてない初心者なら絶対満足できる。

最近はカメラ側が進んで何もかもをやってくれる。

RPはまだユーザーが介入する余地があるカメラと言える。

このあたり納得した上で購入すると最高の相棒に。

3年を超える付き合いになったけど、まだまだ使い続けるだろう。

コンパクトサイズも相まって、どこでも連れ出せる最高のカメラだ。

おしまい。

Canon(キヤノン)
∟【Amazon】キヤノン EOS RP∟【楽天市場】キヤノン EOS RP∟【Yahoo!ショッピング】キヤノン EOS RP