5つのデメリットに注意!SHOEI EX-ZEROの4年間長期レビュー

EX-ZERO

当サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

「EX-ZERO のリアルなレビューが知りたい!」

「クラシックなバイクに似合うヘルメットが欲しい!」

「 EX-ZERO 」というヘルメットを長らく愛用している。

EX-ZERO ってめちゃくちゃ人気だから、珍しいヘルメットではない。

でもデメリットが多いヘルメットなのはご存知だろうか?

かれこれ5年に渡りEX-ZEROを使用してきた。

だからこそ分かるデメリットを5つに厳選して紹介する。

高価な買い物だからこそ、しっかりデメリットも把握してほしい。

この記事がおすすめな人
  • EX-ZERO の購入を検討している人
  • EX-ZERO のメリットやデメリットを知りたい人
  • クラシックなヘルメットを探している人

この記事を読めば、5年間使ったからこそ見える「デメリット」が分かる。

インカムやゴーグルについては別記事を見てほしい。

EX-ZEROのカスタム 【似合うバイクが多くて迷う?】EX-ZERO カスタムはシンプルが○ ∟【楽天市場】SHOEI EX-ZERO ∟【Yahoo!ショッピング】SHOEI EX-ZERO

【勘違い注意】そもそも EX-ZERO はジェットヘルメットだと思うんだ

SHOEI の公式サイトでは、EX-ZEROってフルフェイスにカテゴリーされる。

でも実際は、ジェットヘルメットに限りなく近いと感じる。

もう内装がジェットヘルメットのそれ。

顔を覆う面積が多いから、ジェットヘルメットより安全かな?

更に顕著なのが被り心地だ。

フルフェイスとジェットのちょうど中間って感じ。

フルフェイスとジェットの、メリット・デメリットが共存するヘルメット。

だからフルフェイスのような「ゴリゴリの安全性」を期待するのは野暮。

軽快な着用感と開放感!ラフに使って映える最高のヘルメット

EX-ZERO の購入動機って、特徴的なルックスにあるだろう。

これは間違いない!

この特徴的なルックスに、フルフェイスとジェットが掛け合わさる。

まず特筆すべきメリットが「軽さ」だ。

同じくSHOEI の「 X-Fifteen 」と比べたら不安なほどに軽い。

製品SMLXLXXL
EX-ZERO1,1401,1791,1961,2681,292
X-Fifteen1,4471,5131,5461,5841,584

なんと 300g 以上も軽い。

走行距離にして 100キロくらいからの疲労感が明らかに少ない。

肩こりがひどい人や、ストレートネックの人にとって嬉しい。

また、フルフェイス(一応)なのに脱着が楽々。

ジェットヘルメットの着脱感に近いぞ。

逆を返せばホールド感が浅いってこと。

サイズ選びを慎重に行いたいヘルメットだ。

開放感が大きいのもメリット。

ヘルメットの開口部が大きく視野が広い。

またゴーグルを難なく装着できるのも嬉しい。

バイクで走ってる感が強くて臨場感が凄い!

また、EX-ZERO は呼吸がしやすいヘルメットだ。

EX-ZERO から他のヘルメットを被ると息苦しく感じる。

口元のスペースが広いから、呼吸がめちゃくちゃしやすい。

特に林道などの未舗装路で効果を発揮する。

クラシックなオフロードスタイルの名に恥じない性能だ。

∟【楽天市場】SHOEI EX-ZERO ∟【Yahoo!ショッピング】SHOEI EX-ZERO

4年間の使用で感じた EX-ZERO の5つの弱点を徹底レビュー

EX-ZERO にはハッキリと苦手なシーンが存在する。

使い方がハマれば最高。でも外せば地獄。

例えば Z-8 みたいな万能ヘルメットじゃない。

買った後で後悔しないよう、デメリットを細かくレビューする。

4年間、春夏秋冬を共に走ったからこそ分かる!

【弱点レビュー1】EX-ZERO は風切り音が凄い!対策も効果なし

とにかく風切り音がデカい。

「難聴になるんじゃない?」ってくらいウルサイ。

インカムに関しては、音楽は聞こえるけど会話は聞こえづらい。

速度を落としてボリュームを上げれば聞こえる。

防音性能は皆無と思って差し支えナシ!

あまりに風切り音がウルサイから、様々な対策を試みたけど玉砕。

静粛性を重視するなら他のヘルメットを買った方が良い。

【弱点レビュー2】EX-ZERO って明らかに高速走行が苦手

バイクアウトドア

結論、EX-ZERO って一般道路をゆっくり走ることに向いてる。

開放感が凄いからゆっくり走っても気持ち良い。

逆に車速が上がるに連れて辛くなってくる。

具体的な車速は、だいたい90キロ前後だろうか。

特にリフト方向に弱くて、ヘルメットが空に向かって引っ張られる。

首が「あごひも」に圧迫される感あり。

更に【デメリットレビュー1】で紹介した「風切り音」で耳が痛くなる。

ヘルメットの形状的に風に煽られやすいのも注意が必要。

もはや高速道路の巡航は苦行。

ハッキリ言って、EX-ZERO で高速道路は走りたくない。

【弱点レビュー3】顔面寒すぎワロタ

EX-ZERO にフルフェイスのような防風効果は無い。

顔面に受ける風はジェットヘルメットと遜色ない。

口元が覆われてるけどガンガン風が入る!

夏は開放感を感じられる反面、冬の寒さはマジで堪える。

気温が10℃を下回ってくると、寒いを通り越して痛い。

鼻や口を保温しないと長時間の走行が厳しい。

口元が広いから「マスク」「ネックウォーマー」で覆うことが可能。

EX-ZERO で冬を駆け抜けるなら工夫が必要だ。

【弱点レビュー4】正面から見るとマッチ棒になりがち

EX-ZERO って意外と帽体がデカい。

とにかく前後方向から見るとデカく感じる。

後頭部のダックテールシェイプが Good!

前後から見るとマッチ棒。

でも不思議と横からはデカく見えない。

気になるのは本人だけと思われるけど、やっぱり気になるポイントだ。

【弱点レビュー5】口元のフィルターから吸い込まれた虫はどこ?

EX-ZERO には口元に特徴的なフィルターが備わる。

見た目がスタイリッシュになる重要なパーツだ。

正式名は、アルミナムメッシュフィルター。

このフィルターに当たって虫が潰れていることが多々ある。

そこで怖い疑問が生まれる。

中まで入り込んだ虫ってどうなってるんだろう?

構造上、中に入った異物を取り除けない。

中身がどうなってるか分からない「ブラックボックス」が口元に常にある状態だ。

ぶっちゃけ気持ちが悪いし、中を想像するとゾッとする。

【サングラスも似合う!】EX-ZERO は肩肘張らないルーズさがキマる

今回は「 EX-ZERO 」を4年間使って感じたことを記事にした。

スタイリッシュで、ある程度の安全性が担保されている。

でも、弱点が少し目立つ尖ったヘルメットだと感じている。

最もおすすめできないタイプは、スピードをガンガン出す人。

開放感が凄いからスピードを出さなくても自由を満喫できる。

ヘルメットが軽いから首にかかる負担も少ない。

呼吸もしやすいから、林道走行にも使ってる。

一般道路をゆったり走るにはベストな選択になるだろう。

サングラスをかけ、ルーズに走り出せば色気すら漂う。

レイバンのアビエーターが個人的に似合うと思う。

EX-ZERO は弱点こそ多いけど、バイクライフにそっと寄り添ってくれるヘルメット。

時には弱点も含めて、素敵な思い出を作ってくれるかもしれない。

ぜひ本記事を参考に EX-ZERO を手に取ってみてほしい。

おしまい。

∟【楽天市場】SHOEI EX-ZERO ∟【Yahoo!ショッピング】SHOEI EX-ZERO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA