【初心者】ランニングシューズの選び方!普段履きでダサいって言わせない

アディダス デュラモ

当サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

「ランニングシューズはきつめがいいって本当?」

「ランニングシューズの正しい選び方が分からない!」

「ランニングシューズを普段履きしたいけどおすすめは?」

個人的な話だけど、ランニングが趣味のひとつになっている。

週2回の30分間、欠かさずランニングに5年ほど励んでいる。

自由気ままに「走ろう」と思った日に走るって感じ。

こういう「ゆるーいランニング」をしてる人って多いのでは?

この場合、ランニングシューズを普段履きしてすぐ走り出せる環境が理想。

でもランニングシューズってきつめなサイズ感でしんどい。

アディダス デュラモ

色々と物色した結果、アディダスのデュラモSL2.0ワイドを愛用中。

使用感を紹介しつつ、ランニングシューズの選び方を紹介する。

この記事がおすすめな人
  • ランニングシューズを違和感なく普段履きしたい人
  • ランニングシューズの選び方が分からない人
  • デュラモSL2.0ワイドを選んだ経緯や使用感が知りたい人

この記事を読めば、普段履きできるランニングシューズを目利きできるように!

ランニング初心者に向けた記事となっているよ。

∟【アディダス公式】アディダス デュラモ SL 2.0∟【Amazon】アディダス デュラモ SL 2.0∟【楽天×ヒマラヤ】アディダス デュラモ SL 2.0∟【Yahoo!ショッピング×ヒマラヤ】アディダス デュラモ SL 2.0

ランニングシューズはきつめがいい?いやいや横幅きついのは疲れるって…

ランニングシューズのベストなサイズ感って諸説ある。

俺的には少しきつめ(タイト)だけど、足先は余裕を持たせたい。

でもこれはランニングを追求したガチ勢よりの考え方。

多くの人にとってタイトな靴はかなりしんどい。

できれば快適な靴でランニングを楽しみたいもの。

俺はこっち派の考え方。(ガチ勢じゃないから)

下記のような人は、ある程度のフィット感があればOK 。

  • たまにランニングします!って人
  • 普段履きの靴でランニングもしたい人

快適性と運動性を両立した靴を探すに探した。

現在、アディダス デュラモ SL 2.0 ワイドを愛用中。

デュラモSL2.0ワイドは名前の通り幅広形状

だからランニングシューズだけど普段履きがラク。

思い立ったらそのままランニングにGO!

ぶっちゃけガチ勢でないならある程度アバウトで大丈夫。

気軽に履けるからランニング継続につながる。

「運動不足だしちょっと走ってみようかな」って人に効果的。

サイズ感だけでは不十分。正しいランニングシューズの選び方はコレだ!

ランニングシューズ選びはサイズだけで決まらない。

足のサイズばかりに囚われて足の形を見落としがち。

老若男女、千差万別!

一般的に日本人は「足の幅が広くて甲が高い」と言われている。

ちなみに欧米人はその反対だ。

そのため海外ブランドのランニングシューズは幅が狭く甲が低め。

デザイン重視で無理して履くと鬱血なんてことも。

そこでランニングシューズ選びで重要な点を2つに厳選。

  1. フィットしていながら足先に余裕があること
  2. 靴底が厚過ぎないこと

シューズ選びのスタートは、自分の足の特徴を細かく知ること。

足の幅は広い?甲の高さは?扁平足ではないか?などなど。

サイズ感は痛くないけど、フィット感が高いのが理想。

それでいて足の指をパタパタ動かせるものが良い。

これがなかなか見つからない。

もちろん、ゆるいサイズのシューズはスポーツに向かない。

背伸びして靴の踵がカパカパなのはアウト。

また初心者のうちは厚底のランニングシューズは避けた方が無難。

  • シューズの重さが増す。
  • 足のストローク量が増える。

いずれも足の筋力が必要となる。

走るペースが崩れて疲れる原因になる。

【ランニングシューズレビュー】普段履きをダサいって言わせない!

ランニングシューズを普段履きすると小学生の靴っぽくなりやすい。

できるだけシンプルなデザインにまとめたい。

極彩色でギュンギュンに幅が狭いシューズは普段履きが檄ムズ。

「アディダス デュラモ」は街に溶け込むデザイン。

シックなカラーを選択すれば、程よいボリューム感でコーデしやすい。

軽くて蒸れないから歩き回っても疲れない。

普段履きからランニングまでそつなくこなせる。

そんなアディダス デュラモを詳細にレビューしていくぞ!

∟【アディダス公式】アディダス デュラモ SL 2.0∟【Amazon】アディダス デュラモ SL 2.0∟【楽天×ヒマラヤ】アディダス デュラモ SL 2.0∟【Yahoo!ショッピング×ヒマラヤ】アディダス デュラモ SL 2.0

【ワイドになってより万能に】アディダスのデュラモを評価!

アディダス デュラモ SL 2.0 ワイドの使用感を解説する。

結論、良く言えば万能。悪く言えば中途半端。

  • メインは普段履き
  • たまにランニングする
  • ランニング以外のスポーツにも使う

こういったユーザーに刺さるランニングシューズだと感じる。

これ一足で色々なスポーツに適応できる汎用性の高さが魅力。

普段履きの快適度は控えめに言って最高。

軽いし蒸れないし歩きやすい。

歩き回る観光旅行とも凄く相性が良い。

俺は普段履いているシューズのサイズで大丈夫だった。

足先は1.5cm〜2cmくらい余裕がほしい。

圧迫感が少なくて、足指も問題なく動かせる。

さすがはワイドの名がつく通り締め付けもなく快適。

ただ、「めちゃくちゃランニングしやすい!」って雰囲気はない。

ランニングシューズとして買うと少しガッカリかも。

ガチでランニングします!って人は相応のシューズをどうぞ。

デュラモワイドは、足先が広いから必然的に紐をきつめに絞る。

足の甲~足首にかけてを重点的にホールドする感じ。

足首が窮屈で人によっては圧迫感を覚えるかも。

シューズ自体は軽く、無駄な力を必要としない点はGood。

足が自然と前へ前へと運ばれる感覚がある。

大袈裟に言うと、空港にある水平に動くエスカレーターに乗ってるみたい。

今回、デュラモワイドを履いて6キロ試走した。

  • 舗装路 … 5キロ
  • 未舗装路 … 1キロ

結果分かったのが、デュラモワイドは圧倒的に舗装路に向いたシューズってこと。

クッション性に優れていて足が痛くなりにくい。

クッションが程よく厚いから耐久性もありそう。

じゃり道は苦手。

逆に未舗装路は横方向のグリップ不足を感じる。

足が横に滑る感覚があった。

短距離を走ったりジャンプしたりはマジで秀逸!

パルクールのような極端なスポーツにも良いかも。

ランニングの枠に捉われず、広くスポーツに対応できる。

子供と遊ぶ~様々なアクティビティまで幅広く活躍しそう。

デザインもなかなか秀逸だと思う。

特にサイドシルエットがかっこいい。

ランニングシューズを違和感なく普段履きできるって最高!

汚れも目立たないから神経質にならずに済む。

価格が手頃なのも嬉しいポイントだ。

ランニングシューズを普段履きすれば「走る」がもっと身近に

今回はランニングシューズの選び方を解説した。

自分に合ったサイズ感探しって難しい。

まずは自分の足の形など特徴を捉えることが大切。

日本人の足は「幅広・甲高」の傾向がある。

特に海外ブランドのランニングシューズは注意したい。

両足で試着しよう!時間帯は夕方がベストだ。

ランニングシューズを普段履きしたい人は快適性にも注目。

個人的には「アディダス デュラモ ワイド」がおすすめ。

色々なスポーツに使える汎用性の高さにも注目!

なんと言っても、思い立ったらすぐ走り出せる気軽さが1番の魅力だ。

ランニングとシューズ選びは思い立ったが吉日。

ぜひ本記事を参考にランニングシューズ選びをしてほしい。

おしまい。

∟【アディダス公式】アディダス デュラモ SL 2.0∟【Amazon】アディダス デュラモ SL 2.0∟【楽天×ヒマラヤ】アディダス デュラモ SL 2.0∟【Yahoo!ショッピング×ヒマラヤ】アディダス デュラモ SL 2.0