デメリット多い?ジェットウォッシャー購入前に知っておきたい6つのこと

ジェットウォッシャーのデメリット

当サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

「ジェットウォッシャーって本当に効果ある?」

「ジェットウォッシャーを使うデメリットは?」

「結局どのジェットウォッシャーがおすすめ?」

つい先日、大腸内視鏡検査を受けてきた。

ずっとお腹ゆるかったから大腸ガンかも?って心配に。

ちなみに結果はなんとも無し。

と言うのも、30代も半ばを過ぎると健康面が気になってくる。

10代、20代みたいな無敵感はもう無い。

これは口内環境においても然りだ。

人によっては徐々に歯茎に元気がなくなってくる年齢。

ジェットウォッシャー「EW-DJ42」。

口内ケアを実践したい人はジェットウォッシャーがおすすめ!

気になってるけど購入に踏み切れない人が多いのでは?

結論、効果は高いけどデメリットもそれなりにある美容家電だ。

この記事がおすすめな人
  • ジェットウォッシャーに興味があるけど購入に踏み切れない人
  • どんなデメリットがあるのか気になる人
  • 結局どれが1番おすすめなモデルか知りたい人

この記事を読むと、ジェットウォッシャーの効果やデメリットが分かる。

実際に使った感想を交えながら解説する。

∟【Amazon】Panasonic ジェットウォッシャー EW-DJ42∟【楽天ビック】Panasonic ジェットウォッシャー EW-DJ42∟【Yahoo!×ケーズデンキ】Panasonic ジェットウォッシャー EW-DJ42

ジェットウォッシャーは歯周病予防にマジで効果的!

ジェットウォッシャーは本当に効果があるのだろうか?

結論、様々な口内トラブルを解消できるのは間違いない。

口内環境って千差万別だけど、多くの場合で改善される。

超頑張って歯ブラシを使っても歯間の汚れって取りきれない。

それを水流の力で弾き飛ばすのがジェットウォッシャーの役割。

歯間に詰まった食べカスをぶっ飛ばせる!

詳しい使い方はこちら。

さらに歯ブラシでは届かない「歯周ポケット」の汚れも取れる。

歯周ポケットを綺麗にすることで歯周病を防げる。

歯周病菌は歯周ポケットの中で増殖する。

特に歯ブラシでは奥歯の汚れを取り逃がしやすい。

超音波水流ノズルが凄い!

ジェットウォッシャーなら隈なく手入れできる。

お口のトラブルを無くして健やかに過ごしたい。

水流を使った口内ケアは非常に効果的なんだ。

便利なジェットウォッシャーだけどデメリットもある。

6つのデメリットに分けて解説していく。

実際にジェットウォッシャーを使って感じた6つのデメリット

ジェットウォッシャーは使用感がイメージしづらい。

ネットで情報収集したらデメリットが多く不安になる。

俺もポチるまでめちゃくちゃ悩んだ。

俺が使うにあたり感じたデメリットは6つ。

  1. 口内環境によって効果がまちまち
  2. ちょっと使ってみたいってノリで買うには高額
  3. 毎日持続することが難しい
  4. 使う場所を限定される
  5. 意外と本体が大きいから収納場所に困る
  6. カビの発生が気になる

口内環境って人それぞれ。

口内環境が美しい人もいれば、バキバキに歯槽膿漏な人もいる。

だから効果の出方の差がマジで大きい。

例えばジェットウォッシャーで出血する人、しない人など。

詳しくはこちら。

まずは自分に合った水圧を見つることが大切になる。

ジェットウォッシャーは使ってみてナンボなのだ。

PayPayチャージ方法

その割に高額で非常に手が出しにくいのが痛い。

試しに使ってみるか!ってノリで買うには出費がデカい。

また(人によっては)継続して使い続けるのが難しい。

単純に歯磨きの面倒くささが+アルファされる。

日常の歯磨きすらままならない人にはキツいかも。

ジェットウォッシャーは使う場所を選ぶのもデメリット。

ところ構わず使えばびちゃびちゃになる。

俺は絶対に浴室内で使いたい派。

洗面台を汚すと妻がキレるのが火を見るより明らかだし。

ジェットウォッシャーの本体が大きくて嵩張る。

洗面台などのスペースに余裕がないと詰む。

特に賃貸アパートなどは収納スペースに注意だ。

タンク内は特にカビやすい。

水を使う家電だからカビの発生が気になる。

高い防水性をほこるけど、言い換えると通気性が無い。

防水性と防カビ性って両立がムズイ!

でも、これらデメリットは「EW-DJ42」なら解消できる!

【ジェットウォッシャー比較】EW-DJ55よりEW-DJ42が熱い!

EW-DJ55はパナソニックが力を入れて販売している。

逆に同時期に販売されたEW-DJ42はあまり露出されない。

マジでなんでなん?

EW-DJ42。

多くの人にとって「EW-DJ42」がベストチョイスになる!

シンプルでクリーンに使える上に基本性能も抜かりない。

先でジェットウォッシャーを使うデメリットを6つ紹介した。

EW-DJ42なら先ほど紹介したデメリットをほぼ解消できる。

マジで隠れた名機だと思う。

∟【Amazon】Panasonic ジェットウォッシャー EW-DJ42∟【楽天ビック】Panasonic ジェットウォッシャー EW-DJ42∟【Yahoo!×ケーズデンキ】Panasonic ジェットウォッシャー EW-DJ42

口内環境によって水圧を4段階に調整可能!4段あれば充分

ジェットウォッシャーは水圧を段階で選べる機能がある。

もちろんEW-DJ42にも搭載される。

水圧はEW-DJ55より1段少ない4段調整。

LEVELボタンを押すと水圧の調整ができる。

調整幅が1段狭いからダイレクトに水圧が変化する。

逆に好みの水圧を見つけやすいぞ。

青いLED1個で最弱モード。

最弱の水圧ならどんなに歯茎が弱っている人でも大丈夫。

どんな人も必ず自分に合う水圧を体感できるだろう。

バッテリーが減ってくると水圧も弱くなってくる。

EW-DJ42はEW-DJ55より2割も安い!しかも機能はほぼ同じ

ジェットウォッシャーの中ではコストが小さいのもポイント。

EW-DJ42はEW-DJ55と比較して3,000円ほど安い。

なんと約2割もお買い得だ!

特にジェットウォッシャー初心者はコストを少しでも抑えたいもの。

本当に効果があるか使うまで分からないためだ。

EW-DJ42はノズル構成をシンプルにしてコスト削減してる。

使うか分からないノズルにコストを割かれるのって勿体無い。

また、機能がほとんど変わらないのも特筆すべき点だ。

マジでお買い得モデルだと思う。

持続的に使う点においてEW-DJ42の方が理にかなっている

口腔洗浄機って、継続して使うことが大切だと思う。

ジェットウォッシャーは、普段の歯磨きに+αの手間が増える。

当然、面倒臭さは増えちゃうよ。

ジェットウォッシャーの主な用途は2つ。

  • 歯間の歯垢除去
  • 歯周ポケットの洗浄

つまり「超音波水流ノズル」が圧倒的な主力となる。

超音波水流ノズルの先端。造形から芸術性を感じる。

EW-DJ42は、超音波水流ノズルが1本のみ付属。

EW-DJ55は更に、ポイント磨きノズル1本、舌磨きノズル1本が付属。

色々付属しても、多くの人は超音波水流ノズルしか使わないと思う。

毎日の口内ケアにそこまで時間を割けない!

めっちゃ持ちやすい。

軽くて持ちやすいのも継続する上で有効だ。

EW-DJ42の方が一回り細くて無理なく使える。

手の小さい人も違和感なく使えるはずだ。

本体重量がEW-DJ55より36gも軽い。

1割以上も軽いことになる。

EW-DJ42はストレスなく使えるから継続しやすい。

コンパクトなのに防水!結論、どこでも使える

コンセントが防水カバーで覆われる。

EW-DJ42はコンパクトながらIPX7等級の防水性をほこる。

IPX7等級とは、水深1mに30分浸けても有害な影響がないことを指す。

だから丸洗いも安心してできる。

特にお風呂でジェットウォッシャーを使いたい人に嬉しい。

コンパクト性と防水性を両立してるからどこでも使える。

また、EW-DJ55よりコンパクトなのに防水性能は全く同じだ。

【EW -DJ42最大の長所】とにかく邪魔にならないって魅力的

iPhone 13 mini と比較。

EW-DJ42はコンパクト性に優れている。

これが1番の強みだと言えるだろう。

それだけ他のジェットウォッシャーが嵩張る。

ジェットウォッシャーのデメリット
収納前。
収納後。

タンクを格納することでサイズを半分にできる。

手のひらサイズとは言わないけど相当小さい。

小さめのポーチにも余裕で入る。

出張や旅行に気兼ねなく持っていけて便利。

賃貸など、洗面台が小さくても置き場に困らない。

どこに置いても邪魔にならないって最高だ。

赤カビ知らず!ジェットウォッシャーEW-DJ42はタンクを取り外して丸洗い可能

俺がEW-DJ42を選んだ1番の理由が、カビの発生を抑え清潔に使えるため。

水を使うからタンク内にカビが発生しやすい。

口に含むものだから、タンク内がカビてるとかマジ勘弁!

EW-DJ42はタンクが完全に取り外せる。

しかも隅々まで洗いやすい形状だ。

EW-DJ55のタンクは円錐型で、一部が狭く指が入らない。

バラバラにして保管すれば乾燥させることができる。

とにかく清潔に使えることが最優先。

もちろん本体は丸ごと清潔水洗いできる。

総合的に見てジェットウォッシャーはデメリットよりメリット(効果)の方が大きい

今回はジェットウォッシャーの効果やデメリットを解説した。

また「EW-DJ42」を購入した経緯も説明した。

結論、ジェットウォッシャーを使うと口内トラブルは解消できる。

歯ブラシ+フロス+水圧で口内ケアは完璧だ!

特に効果を強く感じるのが歯周ポケット内の掃除。

どうしても歯ブラシでは行き届かない。

歯周病対策に効果絶大!

詳しい使い方はこちら。

便利なジェットウォッシャーにもデメリットは存在する。

未経験者はイメージしづらいから6つに分けた。

  1. 口内環境によって効果がまちまち
  2. ちょっと使ってみたいってノリで買うには高額
  3. 毎日持続することが難しい
  4. 使う場所を限定される
  5. 意外と本体が大きいから収納場所に困る
  6. カビの発生が気になる

これら詳細については本記事を参照してほしい。

また、これらデメリットはEW-DJ42で解消できる。

コンパクトな上に防水ってのが最高!

EW-DJ42の特徴も本記事を参照してほしい。

口内トラブルを抱えると健やかな毎日を送るのが難しくなる。

食べ物が通る口内環境を正常にすることが健康への第一歩。

毎日の口内ケアにジェットウォッシャーを取り入れよう!

EW-DJ42を買って本当に良かった!

最後になるけど、俺は3日で口内環境が変わったと実感できた。

今ではジェットウォッシャーを使わないと気持ち悪く感じる。

誰しもが満足できる口腔洗浄機だと俺は確信している。

無理のない範囲で使って健康を手に入れよう!

おしまい。

∟【Amazon】Panasonic ジェットウォッシャー EW-DJ42∟【楽天ビック】Panasonic ジェットウォッシャー EW-DJ42∟【Yahoo!×ケーズデンキ】Panasonic ジェットウォッシャー EW-DJ42

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA