クーラーショックを失敗せず使うコツは?作り方を5ステップで超解説

クーラーショック

当サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

「クーラーショックの事前準備のやり方がイマイチ自信ない。」

「ロゴスの保冷剤と比較してどう?」

「パウチみたいな袋だし寿命が早いんじゃない?」

夏の悩みといえばどうやって保冷するのか問題

生ものは油断してるとすぐに傷む…。

良い保冷剤はないかなー?って物色してる人も多いのでは?

そんな人におすすめなのが「クーラーショック」

保冷時間がマジで長いけど“注意点”も。

そこでクーラーショックを1年以上使った経験をもとに記事にする。

この記事がおすすめな人
  • クーラーショックを使ったことない人
  • ロゴスの保冷剤と比較したい人
  • クーラーショックの準備方法を知りたい人

この記事を読むと、クーラーショックについてサクッと理解できる。

準備方法についても写真付きで分かりやすく解説する。

∟【Amazon】クーラーショック

∟【楽天市場】クーラーショック

∟【Yahoo!ショッピング】クーラーショック

【結論】クーラーショックは簡単な使い方で長時間冷える

保冷剤の使い方

ちまたで人気のクーラーショック。

まずクーラーショックって何かをおさらいする。

そもそもクーラーショックってなに?

結論、アメリカで開発された保冷時間の長い保冷剤。

もともとは血液を輸送するために開発された。

とにかく保冷時間が長くて安定しているのが特徴だ。

血液輸送は“一定の温度を長時間維持する”のが大切となる。

その技術がフィードバックされてるから保冷能力がマジで高い

ハイテク保冷剤だけど使い方はとても簡単!

使い方はいたって普通で冷凍庫にぶち込むだけ。

たったそれだけで最強の保冷剤が完成する。

保冷温度は“ -7.8℃ ”とヒエヒエだ。

保冷剤がスリムで嵩張らないのも嬉しい。

ただし雑に扱うと袋が損傷するかもだから注意。

今のところ破れたことはないけど。

【比較レビュー】キンキンのロゴス、ヒエヒエのクーラーショック

保冷剤の使い方

保冷剤が最も輝くのはアウトドアだろう。

ロゴスの「倍速凍結 氷点下パック」は特に人気だ。

クーラーショックよりロゴスの方がいいの?

結論、ケースバイケースで使い分けるのがおすすめ。

それぞれ得意な分野が違う。

クーラーショックの方が万人ウケすると思う。

保冷剤の使い方
クーラーショック:Sサイズ / ロゴス:Lサイズ

クーラーショックとロゴスでは優劣がつかない。

なぜなら得意なシーンが異なるからだ。

どっちも優秀な保冷剤なのは間違いない。

クーラーショックとロゴスではサイズ規格が異なる。

同じサイズではクーラーショックの方が大きい。

公平に比較するため次のサイズと仮定する。

  • クーラーショック … Mサイズ
  • ロゴス … Lサイズ
保冷剤の使い方

まず使ってみた感じロゴスの方が冷える。

保冷時間の長さはクーラーショックの方が優秀。

それぞれ得意なシーンが異なる。

サイズ凍結時間保冷能力生産国使用準備寿命価格
クーラーショック M縦22.5×横25.5×厚さ2.5cm12時間-7.8℃中国有り半永久的1,300円前後
ロゴス L縦25.5×横16.4×厚さ2.5cm18〜24時間-11℃前後日本無し5年が目安1,600円前後

ロゴスってハードタイプなのにスリムだ。

凍結時間はクーラーショックが圧倒的に早い。

Sサイズなら8時間で凍結完了!

保冷剤の使い方

そして長時間冷たいのはクーラーショックだと感じる。

肌感覚ではロゴスより保冷時間が2割ほど長い。

クーラーショックの方が汎用性に優れている。

保冷剤の使い方

保冷能力はロゴスの方が高い。

クーラーボックス内でロゴスに引っ付いてる食材は凍る。

アイスなども安心して運用できる!

つまりタイプ別でおすすめするなら次の通り。

  • キンキンに凍らせたい人 … ロゴス
  • 保冷時間にこだわりたい人 … クーラーショック

だからこれらを一緒に使うメリットが大きい。

お互いの長所を引き立て合うからだ。

詳しくは別記事で解説しているから見てほしい。

∟【Amazon】ロゴス 倍速凍結・氷点下パック ∟【楽天市場】ロゴス 倍速凍結・氷点下パック ∟【Yahoo!ショッピング】ロゴス 倍速凍結・氷点下パック

クーラーショックの失敗しない作り方を5ステップで解説

cooler shock

クーラーショックは最初だけ準備作業がいる。

これを知って尻込んでる人も多いかもしれない。

自分で準備するって面倒じゃない?

結論、拍子抜けするほど簡単だから安心してほしい。

ただし失敗しやすい点にも注意!

誰でも簡単に使えるように5ステップにまとめる。

これを見れば、保冷剤を作った経験がなくても失敗しない。

それでは作り方を分かりやすく解説していく。

しっかり計量しよう

クーラーショックはサイズごとで必要な水の量が違う。

  • Sサイズ…355ml
  • Mサイズ…830ml
  • Lサイズ…1660ml

細かく水の量が指示されるから計量カップを用意しよう。

そして必ず水道水を使用しよう!

慎重に水を注ごう
cooler shock
最近のクーラーショックは「漏斗」が付属する。

こぼさないように水を注いでいこう。

水を入れると内容物が反応してゲル状になる。

取り外したキャップは最後に使うから捨てないように!

【ポイント!】優しく空気を抜こう

ここで注意!

注ぎ口に近いところでゲル化すると水が溢れそうに!

そうなったら優しく袋を揉んでみよう。

すると袋の中に空洞ができて規定量の水が入る。

栓をしよう
cooler shock

青いシリコン製の「栓」が入っている。

それを注ぎ口に押し込んでいこう。

cooler shock

注ぎ口と栓が同じ高さになるまで押し込もう。

ほとんど力を使わずに押し込めるはずだ。

キャップをして完成
cooler shock

キャップをぎゅーっと締め込んでいこう。

キャップと注ぎ口の隙間がなくなればOKだ。

あとは冷凍庫へ突っ込めば冷凍開始だ!

∟【Amazon】クーラーショック

∟【楽天市場】クーラーショック

∟【Yahoo!ショッピング】クーラーショック

【長寿命】クーラーショックは半永久的に使えるから経済的

保冷剤の使い方

夏場のアウトドアを楽しむなら保冷剤にはこだわりたい。

保冷剤が溶けてしまうと食中毒を起こすことも。

1番おすすめな保冷剤は?

結論、クーラーショックが1番使いやすくて間違いない。

キャンプなどでは特に効果的。

長時間に渡って保冷したい!って人に特に向いている。

保冷剤の使い方

食材などを凍らせたい人はロゴスの方が良い。

冷凍食品やアイスを運用するなら保冷力が重要。

クーラーショックとロゴスを一緒に使うと効率的!

こちらについては別記事で詳しく解説している。

クーラーショックは凍結時間が短いのも使いやすい。

ただ使い始めに準備が必要な点には注意したい。

  • 水道水を規定量入れる
  • 空気をしっかりと抜く

この2点がクーラーショックを確実に作るコツ。

詳しくは本記事内を参照してほしい。

1度作れば冷凍庫で冷やすだけだ。

冷凍庫に常備しておけば災害時にも役に立つ

袋が破れない限り半永久的に使える。

アルミニウム製でそうそう破れないと思う。

少なくとも俺は破ったことない。

保冷剤の使い方

使い道が多くて長期間使えるクーラーショック。

めちゃくちゃコスパにも優れた商品だと思う。

普段の買い物などにも便利に使っちゃおう!

おしまい。

∟【Amazon】クーラーショック

∟【楽天市場】クーラーショック

∟【Yahoo!ショッピング】クーラーショック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA